国際実践合気道連盟「合気道S.A.」お問い合わせサイトマップ
[ 合気道S.A.とは? │ 櫻井文夫代表師範 │ 合気道と合気道S.A. │ 合気道S.A.の合気道 ]

櫻井文夫(さくらいふみお)代表師範
櫻井文夫代表師範  昭和29年東京生まれ。合気道の達人と言われた塩田剛三師に20年間(13年間は、内弟子として)師事しました。元合気道養神館本部師範(生前の塩田館長が認可された本部師範六段)。養神館本部道場の他、「警視庁機動隊」「婦人警察官」「SP(警視庁要人警護)」「警視庁特殊部隊」「皇宮警察(皇室警護)」などでも指導を行っていました。

 養神館を退職後、K-1の「石井和義」正道会館館長や、修斗創始者「佐山聡」氏らと、各競技との技術交流を積極的に図った経験などから、型稽古中心の従来の合気道に組手稽古や合気打撃を加え、実践的かつ実戦的にも有効な護身術として検証し体系化した『リアル合気道』を創出しました。また、尾張柳生新陰流剣術、合気剣、合気杖、合気短刀術をそれぞれ数十年修行してきた成果からは、独自の武器術、武器取りの体系を作り上げました。平成3年に、合気道S.A.(Shoot Aikido)とその関連団体である国際実践合気道連盟を設立。

 近年は、リアル合気道普及に向けて、稽古指導の他にセミナーや執筆活動、ビデオ制作、テレビ番組出演など、幅広く活動中。謙虚で明るい人柄に、有意の人々が数多くまわりに集まっています。非常に哲学的な人物なのですが、多くを語るよりも身体で直接知ることの大切さを伝える武道家です。

櫻井師範の著書、ビデオ等一覧へ

代表師範の言葉
No.8 『修行について』

 合気道S.A.では、合気道を修行するうえで「合気道と人生の融合」を唱えているように、ライフワーク的に修行に取り組むことがベストであることはいうまでもない。ただ、指導をする側が、初心者に対して指導者と同じレベルの指導を行っていたのでは、初心者には頭で理解できても掴みどころのないものになってしまいがちである。

 しかし、はじめ初心者であった人も、3年、5年と修行を積めば、合気道的な体の運用法や頭脳的理解度はレベルアップするものである。それが10年ともなれば、やっとではあるが合気道の初期的感性や理解度が体感できるようになる。この体感が感覚として理解できれば、今までなんとなく行っていた動作や技法が、どこに中心をおいて行えばいいか、どこから力を発すればいいか、が理解できるようになる。この段階で初めて、頭脳と体が合気道を「武道」として取り込むことが出来るスタートラインについたといえる。

 何事もそうであるように、10年という期間が最低必要な時間の区切りであるようだ。指導者の選択と修行方法に問題がなければ、この「10年」を過ぎた頃から、合気道の基本動作や基本技法の運用法が理解でき、奥の深さや面白さがわかってくる。合気道の修行とは、私の経験も踏まえてこのようなものである。

 この10年間という期間は、1日何時間も稽古をしても週1日の稽古しかしなくても必要な時間である。たとえば、毎日何時間も稽古したとしても、2〜3年で終わってしまえばやはり2〜3年は2〜3年なのである。修行するという意志があれば、時間とともに頭脳と体が感覚的にまとまりやすくなってくる、その試行錯誤に要する時間が10年間という時間なのではないだろうか。

 合気道を始めてまだ間もない人は、心と体のバランス取りには時間がかかるものとして、あせらずに修行に励んでいただきたい。


▲ページのトップへ戻る 
国際実践合気道連盟「合気道S.A.」