【このウィンドウを閉じる】 

【合気道S.A. 越谷/春日部 指導員プロフィール】
【氏名】
田村光政
【生年月日・出身地・段歴】
昭和31年生まれ 東京都出身 合気道S.A. 師範六段、同剣術・杖術・短刀術 錬士五段
【武道歴】
柔道、空手、中国武術
【得意技】
特になし (自己採点で、得意技と言えるレベルの技は、まだ、ありません。)
【合気道に心惹かれる理由】
天才武道家である櫻井文夫代表師範と出会い、初めて「合気道」が実戦武術であることを体験し、現在も、合気道の理合の深さに驚きと感動を覚え続けているから。また、師範の「武器術・武器取り」の奥深さを体験させて頂き、合気道が、単なる格闘技ではなく、一生をかけるに値する「武道」であると確信しているため。
【指導者としての心構え】
櫻井師範の見事な武術的動きと武道精神を、常に、「初心者の心と眼」で
学び、「正確」に後進の方々に伝える。
「体術・武器術」の修練により、「和合」「融合」する心技体を実現する。
合気道S.A.の「教授」として、技術面のみでなく、全人格的指導ができる
「人間性」を日々、磨く。
体力的に非力な人間が、自分と大切なものを護れるような「心と技」を、
身につけるお手伝いをする。
『厳しくなければ、稽古じゃない。楽しくなければ、続かない。』厳格で、
楽しい稽古をモットーとする。
【指導における基本理念】
◇「考える稽古」「感じる稽古」「無心の稽古」
◇「基本の中に奥義あり」「基本、十年」「継続は力」
◇「創意、工夫の稽古」「一期一会の稽古」
◇「行住坐臥、日常生活すべて、修練・稽古の場」
◇「武術的感性」と「身体的感性」の育成。
◇「活殺自在」の実戦合気道技を身につけ、「使える護身技」の体得を目指す。
◇「和合」する心身により、豊かな「人間性と社会」を創造する。
◇「武器術・武器取り」の稽古により、「合気道」の深い「理合」に触れられるようにする。
◇「武道には、人間の明るい未来を開く可能性がある」
【このウィンドウを閉じる】 
国際実践合気道連盟「合気道S.A.」