【このウィンドウを閉じる】 
他流派参加者歓迎
「オープン合気道講座」レポート

本講座でのテーマ:
次の技により、手など末端を忘れて力を出すための身体運用法を研究する

 ・正面突き小手返し
 ・片手持ち小手返し
 ・正面突き一ヶ条抑え 外受け/内受け

以下、それぞれの技を通して学んだ内容について報告する:
[1]正面突き小手返し
「正面突きを捌く」、「相手を崩す」、「小手返しを掛ける」の3段階に分け、それぞれ時間をかけ、丁寧に指導を受けた。

1-1) 正面突きを捌き相手の外側側面に入る身体運用について
相手を誘い、ぎりぎりまで引き付け、「よける」のではなく、「下がらず、むしろ前に行く気持ち」で攻撃の心構えで捌くように指導を受けた。自分が捌くところを師範に見ていただいたところ、やはり引き付けが足りず、何度も「動くのが早い、もっと引き付けて。」と言われた。そして、「動きがのろい。力が入っているから遅い。」と言われた。半身に捌ききれず、後ろ足が残ってしまった時もあった。
ただ、「紙一重に捌く」と言うことは当てはまらず、相手によっては突きの軌道が真っ直ぐとは限らないので、それをも含めて捌くように言われた。一方、「年齢が行くとスピードは落ちる。速さで捌くわけではない。」とのことだった。
今後、無駄な力を入れずに立ち、気持ちを前に出し、タイミング良く捌けるように稽古を積んでいきたいと思った。

1-2) 捌いた突きからの崩し
横に廻すのではなく、下に切り落として崩すよう指導を受けた。
自分では下に切り落としつつ回転していると思うのだが、相手を重く感じ、崩れを出すことができなかった。v 切り落とす際、無駄な力が入っていたのではないかと思われる。

1-3) 小手返しを掛ける
先ず、私が別の参加者に小手返しを掛けるのを師範に見ていただいたが、「力が入りすぎている。」と言われ、何度も手首を挟む手、小手を返す手を叩かれ、指摘を受けた。
「これでは相手に力を伝えるどころか力を伝えるための体勢を作ることすらできないぞ。」と思い、分からなくなってしまった。
次に師範がその参加者に掛けるのを見せていただいた。確かに小手返しを掛けに行っているのだが、相手が抵抗する様子もなく技が入っていた。
今度は自分が師範に掛けていただくと、小手を取られている感触はほとんどない、知らぬ間に力が体に入ってきて倒されてしまう。代わって参加者に掛けてもらうと、手首を掴まれている感触が気になり、抵抗する気持ちが出て、力がぶつかった。
相手に力を伝えるには、触れている部分に掴むような力を加えてはだめだと思った。
[2] 片手持ち小手返し
持たせた手刀を上に返し、もう一方の手を下から相手の手の甲に当て、その状態で離脱しないままで下に崩し倒す技法の指導を受けた。
受けを取ると、相手は両手に力の入った状態で下に切り落としてきたが、力が来る感じはなかった。そこに師範が「力が入っている」と指摘し、相手が力を抜いてきたところ、受けている肘から二の腕に向かって、相手の力が流れてくるのを感じた。
もう少し力が来ていれば倒れていたのではないかと思う。
接触点の向こう側に力を流すには接触しているところの力を抜く必要があるらしいと感じた。しかし、自分が掛ける側になってやってみると、力が流れている気がせず、結局手元に力が入ってしまい、相手を崩すことができなかった。

[3]正面突き一ヶ条抑え(外受け)
小手返しの研究に時間をかけたため、一ヶ条抑えのための時間は短くなった。
正面突き一ヶ条抑えで指導を受けることになり、正面突きの捌きは小手返しの時と同様であるので、一ヶ条に切り落とすところから指導を受けた。

回転しながら相手の腕を意識して下に切り落とすようにしてみたが、なかなか相手の崩れを出せず、単に相手の腕にぶら下がるようになってしまっていた。「今日も上手く行かないな。」と残念に思っていた。
とその時、師範より「力が入っているのは脇を締めようと気にしているからだ。
大丈夫。脇は締まっているから気にしないでやってみなさい。」と声がかかった。
自分としては脇を気にしている意識は全くなかった。しかし師範のこの一言で改めて「脇を気にすることはやめよう。」と思ったところ、両脇のあたりが急に楽になり、上体が軽くなったような気がした。
そして、脇だけでなく自分の体のことを気にすることをやめ、相手の突きに合わすことだけを考えて切り落としたところ、切り落とした自分の手刀に相手の腕がくっついてきて、ほとんど抵抗を感じず相手をうつ伏せに持って行くことができた。
手刀に受けた感触も心地よく、幸福な気分になった。
その後もそのようにやってみて、概ね相手を崩すことができた。
まだ他の技では同じように崩すことはできないが、師範が日頃言われている「掛けずに掛ける」というのは、こういうことなのだろうかと思った。
[4]正面突き一ヶ条抑え(内受け)
相手の突きを内受けに捌き、突きを取りに行く際、上から掴むのではなく、下から当てがう様に挟み、自己の肘を絞り、相手の肩を返さないように手首を下に導く。肩が返ると相手の抵抗を受けてしまう。
しかし、気を抜くと相手の突きを上から取りに行ってしまい、掴んで相手の肩を返す流れになってしまうので注意が必要だった。

<合気道S.A. 広報部>
【このウィンドウを閉じる】 
国際実践合気道連盟「合気道S.A.」