【このウィンドウを閉じる】 
他流派参加者歓迎
「オープン合気道講座」レポート

2019年5月26日(日)に、立川近郊にてオープン合気道講座が開催された。
今回は他流派から興味を持って参加してくださった受講者の方もおり、大変嬉しく感じる中、講座はスタートした。
今回のテーマは三つ。順次あとで述べていくが、どのテーマも実戦において誰しもが遭遇し、対処出来るようになっておかなければなければならない内容であった。なぜなら実戦において自分の技に素直に掛かってくれる親切な敵などいないからである。皆、当然何かしらの抵抗をしてくるものだ。
一つ目のテーマは『相手が手首等に力を入れて抵抗したときの技法研究』であった。
人間は通常、関節から力を発して動いている。その事を踏まえ、このテーマに対しては、相手が手首の力で抵抗する事の多い、小手返しを例に挙げて講義がおこなわれた。まずは相手が抵抗しない状態で技を掛け、基本的な型を確認した後、抵抗する相手に対しての技の掛け方について研究した。
次に上段腕絡みを例に挙げて、同様に指導を受け研究した。相手の関節を手首、肘、肩、腰、膝の順で力が出ないようにしていく師範の技を目の前で見たり自身で体験すると、皆どうすればそのように出来るのか頭を悩ませながら繰り返し稽古していた。師範曰く、今回は解りやすいように各関節に分けて考えたが、本来は各関節全体に対して技を掛けていくものであるので、通常は分けて考えてしまわない方が良いという事であった。

二つ目のテーマは『相手が身体などを踏ん張ったときの技法研究』であった。
前打ち一ヵ条抑えを例に挙げ、師範の指導を基に研究がおこなわれた。相手を倒そうとして腕だけを落としても腕がブラブラするだけだが、相手の体全体を捉える事で、相手を膝から崩れさせる事が出来る。例えどんなに踏ん張っていたとしても、あらがう事が出来ずに倒されていく受講者たちを見ているのは不思議な感じだったが、自分でやられてみると成程と思わざるを得なかった。自分は目一杯踏ん張っているのに、力んでもいない師範に俯せに倒されてしまうのである。
三つ目のテーマは『相手の身体中核に力を通す技法研究。』であった。
まずは側面入身投げを例に進められた。中核に力を通す動きは、顎に差し入れた腕で相手を直接押そうとするのではなく、自己の腕の遥か先に付いている物を動かしてやるイメージでやると理解しやすいとの説明を受け、皆、研究に取り組んでいた。
次に正面入身投げが例に挙げられた。こちらでは相手が前傾して踏ん張った場合でも中核に力を通す事で相手を倒すやり方が指導された。

今回の講座全体を通して感じたのは、抵抗する相手を崩して技を掛けるには、相手の力の流れを把握できるようになる事がまず重要になってくるという事であった。今後も稽古をしていく中で力の流れの把握について研究を重ねていきたい。

<合気道S.A. 広報部>
【このウィンドウを閉じる】 
国際実践合気道連盟「合気道S.A.」