国際実践合気道連盟「合気道S.A.」お問い合わせサイトマップ
[ 一般クラス │ 少年少女クラス │ 剣術・杖術・短刀術クラス │ 特別会員クラス ]

一般クラス全国の稽古場所一覧はこちら
櫻井文夫代表師範  老若男女、誰でもできますので、まずは合気道をのびのび楽しむことがモットーです。

 合気道は、円・球のような柔らかな運動を特徴としていますから、体の強弱に関係なくどなたでも参加できます。初心者の方、武道の未経験者、そして女性の方も歓迎です。

 護身術を学びたい人、武道の真髄に触れたい人、精神的に強くなりたい人、健康の為に身体を動かしたい人、日本独自の文化に触れたい人、ダイエットしたい人、武道の身体感覚を学びたい人、武道を学ぶ仲間を得たい人、多くの武道遍歴を続けてきた人など、様々な方が合気道S.A.の稽古場に来られています。

 合気道S.A.の各道場では、組手の稽古の度にお互いが礼をするのですけれども、それだけではなく稽古の終了後に各自がそれぞれ全員を相手に感謝の挨拶を行う習慣があります。これは「お互いに技をかけ、そして受けるのだから、敬愛し合うように」と、櫻井代表師範の指導を受けている生徒の皆さんの間で、自然発生的に始まったものです。

 助け合って進める稽古では、初心者の方が技が解らないからと言う理由で、気まずい思いをすることもありません。また、技をどんどん覚えたい方には、先輩から積極的に指導をして貰える雰囲気があります。そして、実践的な武道を探求している人、武道の真髄を求めている人は、真剣な仲間とそれを伝えてくれる師範に出会えるでしょう。

 このように合気道S.A.には、様々な動機から入会されている方々が集い、それぞれの個人的なテーマを持ってのびのびと稽古をされています。
【稽古内容】

櫻井文夫代表師範  合気道といいますと、ちょっと不思議な古来の武道と言うイメージもありますが、合気道S.A.で指導する武道は、神秘的な「気合で相手を投げる」とか「相手の体に触れずに投げ飛ばす」と言ったものではありません。
 関節構造や身体の重心移動等を基にした「具体的で物理的な技術」を用いるものなので、「非力」な方でも技はかけられます。その技術を覚えれば、子ど もでも、女性でも、初心者でも、ある程度の稽古をすれば使うことができるでしょう。それは、合気道S.A.が実践的合気道をご指導しているからです。

 練習は、合気道の基本動作と型の稽古だけではなく、組手の稽古、そして護身術には特に有効な打撃系の稽古も行います。その成果を試す場として、合気道の流派では珍しい実践的な試合を行う全国大会も例年催しているのが、合気道S.A.の個性となっています。

 櫻井代表師範の武道歴から組み上げられた、合気技、合気護身術、合気打撃技、そして、武器術・武器取りなどを含めた、合気道を中心とした合気道S.A.独自の総合的な武道体系を学ぶことができます。それが実践的な武道を求めて遍歴をして来た方が、合気道S.A.にやって来られる理由なのでしょう。

 親切で丁寧な指導を心掛けていますので、初心者や女性の方も安心して稽古ができます。体力のない方には、組手を行わずに実戦や試合から検証された型稽古を中心にするなど、それぞれの個人に合わせた指導の進め方も行っています。

 一般クラスの主な稽古内容
【昇級試験】

 合気道S.A.では、目的意識を持った練習を奨励していまして、3ヶ月毎に昇級試験があり、だいたい1年半〜2年で初段になることができます。技を身につけて強くなるだけでなく、綺麗な技の型、綺麗な技の流れ、なども、自分の目的として合気道に励むことに成るでしょう。

 初段を得てから弐段になるまでの精進が、非常に大切なものになっています。その為に初段昇段の後では、1年間は弐段の昇段試験を受けることができません。各自、鋭意頑張って稽古していただきたいです。
【合気道と人生、人間教育】

 櫻井代表師範の考えとしましては、合気道を学ぶことがそのまま人生や人間教育に役立っていくことを願っています。

 合気道S.A.では、型だけの稽古ではなく実践的な組手や護身には重要な打撃技も学ぶことで、武道の原点に回帰して人間本来の生き方と触れ合っていくことを目指しているのです。

 例えば、「サバキ」の訓練が日常生活での身のこなし方につながって未然の事故を防いだり、組手を様々な相手と行うことで人間観察が進み相手の気持ちや立場を理解できるようになることなどの効果を、合気道の練習を続けている内に実感していくことと思います。合気道の引き出しを増やしキャパシティを広げていくことで、人間の度量も大きくなり人生の様々な事態に応用できるようになるでしょう。

 合気道でも日常生活でも、テーマを持って欲しいのです。武道で体感できるテーマを、感覚として取らえられるテーマを、まず自分の中で方向付けて行きましょう。そうすれば現実の生活や人生全体に、その影響が現れてくるはずです。その為には、短期間に集中して学んでいくよりも、まずは10年、そして10年以上続けていくことで、合気道とそこで学ぶ精神を良い形で日常に定着させるようにお奨めしています。どうぞ10年続けられるやり方で、合気道SAに取り組んでいただけたらと思います。

 一般クラスは、こちらの稽古場で開かれており、見学もできます。お気軽に、近くの稽古場の指導者、または合気道S.A.本部まで、お問い合わせください。
全国の稽古場所一覧はこちら
 入会と稽古などについての解らないことは、まずこちらのQ&Aをご覧になってください。その他のご質問は、こちらから直接お訊ねになってください。
▲ページのトップへ戻る 
国際実践合気道連盟「合気道S.A.」